即日融資を受けたいなら午前中に申し込もう

借入をされる方には色々な事情があるかと思いますが、「今日中にお金用意しろって言われても!」なんてこともあるかもしれません。
ここ最近では「WEB完結!」「即日融資!」なんて謳い文句でカードローンの会社も集客をしていますが、「即日融資」は絶対ではありません。

 

まず、カードローンの利用について、流れを考えてみましょう。
「申し込み」
「審査」
「融資」
ざっくり言ってもこの3つの過程が必ず存在します。
重要なのが、「申し込み」です。
申し込みの段階で、例えば「住所の記入に間違いがあった」とか、「即日融資なら申し込みは後でもいいか」なんてことがあると、「即日融資」は「翌日融資」に様変わりするかもしれません。
タイトルにある「午前中に申し込み」というのは絶対ではありませんが、やはりカードローンの会社も人が審査をしているわけですので、申し込みが多い日はどうしても審査が遅れます。
つまり、申し込みが多い日は審査に時間がかかる可能性もあるという事です。「即日審査」と謳っていれば、審査は即日してくれるでしょう。ただ、融資が即日は限りません。
また、「即日融資」と謳っているカードローンの中には、即日融資を受けるための条件などのありますので、予め確認しておくことが重要です。

カードローンの返済。返済方法の確認は必ずすべし。

既に複数の借入をして返済している方も、これから借入をする方にも重要なことです。
カードローンの返済には色々と種類があるのですが、それよりもまず「滞納」だけは絶対に避けたいことですね。

 

「借金があっても返済余裕だし、ボチボチやってればいいでしょ」

 

そんな時に陥りがちなのが、「返済方法の間違え」です。
カードローンの返済方法もだいぶ自由度が増した昨今ですが、その返済方法には種類がありますので注意が必要です。
主な返済方法は以下の2つです。

 

・指定口座の預金残高から振替(つまり自動引落し)
・毎月決められた日にATMなどで手動返済

 

借入先によっては、「指定口座へ振り込み」という方法もあるようですが、最近はあまり見かけません。
この、主な2つの返済方法を勘違いしてしまうと、返済期日に返済されていない「滞納」という扱いになります。
「間違えた!」では済まされません。
しかも個人信用情報に傷が付いてしまうため、再度借り入れをしたい時に借り入れができないということも起こりえるのです。

 

申し込んでから審査が通るかどうかに焦点があてられることが多いのですが、こういった「借りた後の自己ケア」も非常に大事ですので、申し込みの前や申し込んだ後でも必ず返済方法は確認しましょう。

 

参考|金貸しブラックOK